コンクール:選考の流れ
自由曲コース・特別コース・連弾 :地区予選→地区本選→全国大会
課題曲コース :地区予選→地区本選→地区大会

開催部門

部門 年齢 
未就学児部門 2006年4月2日以降に出生した者
小学1・2年生部門 2004年4月2日以降に出生した者
小学3・4年生部門 2002年4月2日以降に出生した者
小学5・6年生部門 2000年4月2日以降に出生した者
中学生部門 1997年4月2日以降に出生した者
高校生部門 1994年4月2日以降に出生した者
大学・一般AⅠ・BⅠ部門 1994年4月1日以前に出生した者
大学・一般AⅡ・BⅡ部門 1977年4月1日以前に出生した者
ジュニア特級Ⅰ部門 1998年4月2日以降に出生した者
ジュニア特級Ⅱ-C(コレージュ部門) 1996年4月2日以降に出生した者
ジュニア特級Ⅱ-L(リセ部門) 1994年4月2日以降に出生した者
特級部門 年齢制限なし
連弾A部門 2人とも2002年4月2日以降に出生した者
連弾B部門 1人は1997年4月2日以降に出生した者
連弾C部門 1人は1994年4月2日以降に出生した者
連弾D部門 年齢制限なし


*未就学児部門~高校生部門は、自由曲コースと課題曲コースの2コース、
 それ以外の部門は自由曲コースのみとなります(ジュニア特級・特級部門を除く)。


開催地区・会場 ・部門

地区予選スケジュール

 

 

 

地区 日程 会場
仙台 5月20日(日) 常盤木学園高校 シュトラウスホール
石川 5月27日(日) こまつ芸術劇場  うらら
京都 6月3日(日) 京都コンピュータ学院
千葉 6月9日(土) 千葉市美浜文化ホール「メインホール」
札幌  6月17日(日) ヤマハアヴェニューホール 
熊本 7月1日(日)  宇城市小川総合文化センター「ラポート」
広島 7月8日(日) エリザベト音楽大学「ザビエルホール」
東京 7月15日(日)・16日(月・祝) アリストホール
今治 7月21日(土) 今治中央住民センター
福岡 7月22日(日) 春日市ふれあい文化センター・スプリングホール
名古屋 7月26日(木)27日(金) 長久手町文化の家「風のホール」

 

*京都会場「京都コンピュータ学院」、熊本会場「ラポート」、広島会場「ザビエルホール」、

  今治会場:「中央住民センター」、福岡開場「スプリングホール」、名古屋会場「風のホール」は、

   全てスタインウェイ・フルコンサート(D-274) 常設のホールです。

*東京会場:「アリストホール」は、地下鉄「表参道駅」から徒歩5分にある、

  ベーゼンドルファー・フルコンサート(Model-280)常設のホールです。



地区本選スケジュール
地区 日程 会場
千葉 9月1日(土) 千葉市美浜文化ホール「メインホール」
京都 9月9日(日) 京都コンピュータ学院
熊本 9月17日(日) 宇城市小川総合文化センター「ラポート」
名古屋 9月22日(土・祝)・23日(日) 名古屋音楽大学「めいおんホール」
仙台 9月30日(日) 常盤木学園「シュトラウスホール」
東京 10月7日(日)・8日(月・祝) アリストホール
石川 10月14日(日) こまつ芸術劇場 うらら 大ホール 
福岡 10月20日(土) 春日市ふれあい文化センター
広島 10月21日 (日)  エリザベト音楽大学「ザビエルホール」
札幌 10月28日(日) 井関楽器・スタインウェイサロン
今治 11月4日(日) 西条市総合文化会館


地区大会(課題曲決勝) スケジュール
地区 日程 会場
京都 11月11日(日) 京都コンピュータ学院 
福岡 11月18日(日) 福岡女学院「ギール記念大講堂」
東京 11月24日(土) アリストホール


全国大会(自由曲・連弾決勝)スケジュール
日程 会場 部門
11月23日(金・祝) TOKYO FMホール  未就学児・小学1・2年・小学3・4年
11月25日(日) TOKYO FMホール  小学5・6年・ジュニア特級Ⅰ
12月1日(土)  浜離宮朝日小ホール  中学生・ジュニア特級Ⅱ-C
 12月2日(日)  浜離宮朝日小ホール  高校生・ジュニア特級Ⅱ-L
12月8日(土) アリストホール  大学・一般B1・B2
12月9日(日) アリストホール  大学・一般A2・連弾
12月15日(土) 文化シャッター BXホール  大学・一般A1
12月16日(日) 文化シャッター BXホール  特級


課題曲コース:課題曲一覧

 

地区予選

地区本選

未就学児部門

マーサ・ミアー

「てんとうむしのブギ」

W.ギロック

「おもちゃのダンス」

小学1・2年部門

ブルグミュラー

「素直」

W.ギロック

「アルゼンチン」

小学3・4年部門

W.ギロック

「森の妖精」

テレマン

「ジーグ」

小学5・6年部門

F.ショパン

「ワルツ イ短調 遺作 KKⅤb-11」

C.P.E.バッハ

「アレグロ」

中学生部門

キルンベルガー

「カリヨン」

F.ショパン

「24のプレリュード」より第1番

高校生部門

D.スカルラッティ

「ソナタ(K.9/L.413] 

I.アルベニス

「組曲スペイン」より「タンゴ」



ジュニア特級部門Ⅰ・Ⅱ-C・Ⅱ-L 特級部門 地区予選課題曲

*本年度より、ジュニア特級部門が3部門となりました。

ジュニア特級部門Ⅰ・Ⅱ-C、Ⅱ-L特級部門の地区予選は、自由曲ではなく下記の課題曲を演奏して下さい。
①と②から各1曲演奏して下さい。
練習曲の選択は自由ですが、自分自身の技術、音楽性が十分にアピールできるよう配慮して下さい。

1.ジュニア特級部門Ⅰ(中学2年以下)

①バッハ:「インヴェンション」または「シンフォニア」から1曲
②クラーマー=ビューロー:「60の練習曲」より任意の1曲
モシュコフスキー:「20の小練習曲」Op.91より任意の1曲      →いずれかの練習曲を1曲

*ジュニア特級Ⅱ-C(コレージュ)部門と併願、または特別な事由がある場合は、
 ①、②とも、ジュニア特級Ⅱ-Cの課題曲を演奏してもよい。


2.ジュニア特級Ⅱ-C(コレージュ)部門(高校1年以下)

①バッハ:平均律(Ⅰ.Ⅱ巻)より任意の1曲 *フーガのみ演奏
②ショパン:練習曲(Op.10、Op.25、新練習曲)より任意の1曲 *但しOp.10-3、6、Op.25-7を除く
モシュコフスキー:「15の練習曲」Op.72より任意の1曲       →いずれかの練習曲を1曲



3.ジュニア特級Ⅱ-L(リセ)部門(高校3年以下)

①バッハ:平均律(Ⅰ.Ⅱ巻)より任意の1曲 *フーガのみ演奏
②ショパン:練習曲(Op.10、Op.25、新練習曲)より任意の1曲 *但しOp.10-3、6、Op.25-7を除く


4.特級部門

①バッハ:平均律(Ⅰ.Ⅱ巻)より任意の「プレリュード及びフーガ」を1曲
②ショパン:練習曲(Op.10、Op.25、新練習曲)より任意の1曲 *但しOp.10-3、6、Op.25-7を除く
  リスト:超絶技巧練習曲(第3版)、パガニーニによる大練習曲(改訂版S.141)
  スクリアビン:練習曲 Op,8,Op42
  ラフマニノフ:絵画的練習曲<音の絵>Op.33,Op39
  ドビュッシー:12の練習曲
  ゴドフスキー:ショパンの練習曲に基づく53の練習曲       →いずれかの練習曲を1曲 

☆選曲について

*自由曲の選定には特に規定はありませんが、審査員が参加者を多角的に評価できるために下記のことを参考にして下さい。

①技術的、音楽的に多くの要素(エレメンツ)を含む楽曲を選ぶことが望ましい。
②複数曲演奏する場合は、性格の異なる楽曲(異なる様式の曲、テンポの速い曲と遅い曲、長調と短調の曲等)を選ぶことが望ましい。
③20世紀以降の無調または調性の特定しにくい作品を演奏する場合は、
いずれかのステージ(地区予選、地区本選、全国大会)か同一ステージで、ロマン派またはそれ以前の様式の曲を演奏することが望ましい。
④自作、編曲、演奏頻度の低い作品は、当日楽譜の提出を求める場合があるので必ず持参して下さい。
また鍵盤以外に接触させる奏法(プリペアードピアノ演奏等)は禁止します。

▲ ページトップへ

前年度までに、自由曲コースで金賞を受賞された参加者は同一部門への参加はできませんが
上の部門(例:中学生が高校生部門)への参加は可能です。
また高校生の場合は、特例として大学・一般A1部門への参加が可能です。

大学・一般A1部門での金賞受賞者は該当する上の部門がないので「検定」として参加可能です
(地区予選・地区本選のステージのみ)。

特別コースでは、昨年までのジュニア特級Ⅰ部門金賞受賞者で
現在、小学生であればジュニア特級中学生の部
中学生であればジュニア特級高校生の部への参加が可能です。